読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレイルランナーひでの日記

サラリーマントレイルランナーの日記です

第19回青梅高水山トレラン大会

こんにちは。ついに大会当日がやってきました。今年は1月15日のフルマラソン大会の東京喜多マラソン大会に惨敗。

2月は皇居の30キロマラソンで一応持ちこたえ、3月は可能な限り山に入り山の脚を作りました。 思い返せば昨年は、ハセツネ30kで見事に惨敗。その悔しさから始まったシーズンでした。

 

 今年の開幕戦は僕のホームコースだけあって気合いが入ります。今日は父と母を家にいても暇だろうと、敢えてスタートの応援に誘います。

KFCさん名物のスタート前のエアロビ体操。

軽いストレッチ程度では、決してありません。

結構ガチです。

 

おとんとおかあも何故か、一緒にウォーミングアップします。

 

身体も暖まったところでスタートに並びます。

が、荷物を預けてたら出遅れました。

スタートはかなり後方からです。

ちょっと後悔しますが、切り替えが大事です。

 

スタートは当然混み合います。隙をみては少しでもかわして前にでます。

 

50キロレースでは、心拍数160超えしないようにシビアにペースを抑えますが、実質24キロ位のショートレースのため、突っ込みます。

 

なんと、常に160超え、170超えもちらほらと。

大丈夫かな? でも知り尽くしたホームコースならでは出来る突っ込み。他のレースでは絶対に

しないでしょう。

 

榎峠の10キロの関門、キツイと噂の90分、

76分で通過します。

f:id:h19731220:20170402150032j:imageここまで来たら一応一安心。

あとは高水山までの登りを耐えます。

この先は一度試走したから心構えは出来てます。  

f:id:h19731220:20170402150303j:image高水山でお参りを済ませ

いよいよ後半戦。ここまで、予想より早くて脚も大丈夫です。塩を30分ごとにとりながらも

作戦成功かも。どちらかというと下り基調の後半コース。得意な突っ込みランが出来るため、

ごぼう抜きのチャンスは十分です。

 

地味に飛ばします。 5.6人前に現れたら、ロックオン。まとめて抜くタイミングとコースどりします。 

 これを10回位繰り返しました。多分60人くらいは抜いたと思います。感覚的には300番切ったか切らないか位。

 

ラストは更に飛ばします。が、脚も攣ります。

あと二キロ位。走り続行な攣り方。よかった〜

。あと少し、目標タイム4時間15分を大幅に上回る3時間41分でゴール。

順位はすぐにわかりませんが、目標の真ん中以内も確信。 まだまだだとは思いますが、

自分の実力のなかではしてきた準備を出し切りました。 

今日は美味しいビールが飲めます。

これ最高です。 ではまた。

f:id:h19731220:20170402152959j:image