トレイルポエマーhide

サラリーマントレイルランナーの綴り言葉です

ハセツネ 2018年回想ポエム

 

二回目のハセツネ参戦

会場についた僕は両親とスタートゲーで記念撮影をする

記憶と記録

普段は家族写真は撮らないがハセツネの記憶は家族とともに

心に刻みたいという思いがそうさせたのだろう

 

10月なのに30度を超える暑さの中スタートがきられた

数キロ先の橋で待ち受ける父さんと母さんとハイタッチ

楽しそうだった

高齢になった親が楽しむのは嬉しい あと何度あんな笑顔が見れるか

ふと寂しくなる

隣には僕の父さんと母さんと同じように、息子さんを応援しに来た

おばさんがいる 笑顔で僕を見送ってくれた

また来年もここで会おうねと僕の両親と約束をしたらしい

そっか、また来年も出場しようかな

応援者たちの再会のために

 

僕は71.5キロの奥多摩の山域を夜通し走りとおした

もちろん歩くところは歩くけど

漆黒の闇の筈の山深いトレイルがハセツネというレースの一夜は

ヘッドライトの光で繋がれる


月夜見駐車場の第二関門で

僕なりのベストを尽くせた筈だと

自撮りをしようとアイフォンを探した

瞬間、身体の疲労よりきつい心の痛み


35キロ地点の休憩時に切り株に置いた

アイフォンがまだあそこにあると気づいた

もう引き返せない

無くした記憶と記録


スタートで両親と撮った写真も

ここ数年の想い出も置いてきてしまった

でも引き返せない、ゴールを目指そう


幾多の山を繋いでいった

脚は悲鳴を上げていたが、ただ無心で

進もうと試みた


曇りがかった朝日が倦怠感と共にやってきた

そこからの10キロは果てしなく長く感じた

ついに訪れたゴールゲート

僕はその瞬間を記憶に焼き付けた


新たに手にした

記憶と記録だった