トレイルポエマーhide

サラリーマントレイルランナーの綴り言葉です

福岡国際マラソン 服部勇馬 ポエム

こんばんは 秋の夜長にいかがおすごしですか  ふとテリビをつけたら福岡国際マラソンの中継をしていた 設楽選手も出ていたし久しぶりにマラソン中継を見ることにした

結果は服部勇馬選手が4度目のフルマラソンで優勝した 素晴らしい走りを見せてくれた

そのインスピレーションで詩を書いてみた



ラソンの詩


彼はどれほどの時間走ったのだろうか

彼はどれほどの距離を走ったのだろうか

挫折を乗り越えて走った時間が

タイムに刻まれる


公園では無垢なこどもが楽しそうに

走っている 


走りだした記憶  

楽しくなって走り出した幼少期

仲間とのサッカーでボールを追って

走り続けた青春期

儚く散った恋の哀しみで走り出した

思春期

大人になって健康のためと走り出した中年期

山を走って自然の息吹きを感じてる現在


人は様々な理由で走っている

その一秒を削り出せ というフレーズを

テレビの解説者が喋ってる

削り出した一秒は人の支えで生まれていた


そのことに気づいた人は

競技者だろうと市民ランナーだろうと

走ることの意義を知るのかもしれない


今この瞬間も世界のどこかで走ってる

あなたのゴールが

素敵な景色でありますように